日常的に使える対策アイテム|腰痛の改善方法を知り毎日の生活を豊かにしよう

日常的に使える対策アイテム

腰痛

湿布で様子をみる

病院に行くまで、あるいはグッズの相乗効果を狙うために使われる改善方法に湿布があります。タイプは3つに分かれ一つ目は、冷湿布で痛みを和らげる方法、二つ目は温湿布で慢性的な痛みを和らげるというものです。そして、最後に少ない刺激で肌にも優しいパップ剤は、貼るとじわじわと薬剤が効いてくるので楽になるでしょう。慢性的な痛みを軽減するプラスター剤は、毎日の対策に使いたい万能湿布でもあります。よく使われている湿布に含まれる成分はナトリウム系で、24時間効果が続く特徴があります。また皮膚にピッタリ付くものの、何回外してもまた貼り直せるくらいの接着力なので、非常に使いやすいです。心配される臭いも少ないので人が集まる場所でも気を遣うことなく貼り続けられます。

塗り込むことで腰の痛みをダウン

湿布も効果テキメンなので、改善方法に使いたいアイテムですが、痛みの原因になるところまで浸透させる塗り薬も腰痛改善に持ってこいでしょう。塗り薬に含まれる抗炎症作用のサリチル酸メチルが、辛い腰痛の痛みを和らげ、回復まで導きます。さらに、慢性的な腰痛に幹部を温めるカプサイシンが含まれているとダブルの効果でより改善が見込めます。

気軽に使うならスプレーがいい

シューッと吹きかけるだけで幹部を冷やす腰痛改善アイテムは、部活動を行なう学生らからも頻繁に使われています。また、塗り薬のように手を汚すことがないため、仕事中もスプレータイプで気軽に予防と対策が出来るでしょう。痛み止めには、インドメタシンとジクロフェナクナトリウムが含まれており、スーッとした気持ちよさで痛みを一瞬にして消し去ります。